MacBook Pro Retina 15 インチ

テストしたデバイス:2013 年 5 月に購入した MacBook。事務業務、創作、ゲーム、動画視聴、グラフィック デザインなどの用途で 1 日 8~14 時間使用されていました。

結果:MacBook 上で 14.1 GB を超える重複ファイルを検出し、そのほとんどが写真や動画でした。また、アプリケーション自体がクリーニングを怠ったために合計 613 MB もの冗長データが残されているのが見つかりました。

14.3 GB
分のファイルをクリーンアップ
14713

iMac® 27 インチ

テストしたデバイス:2014 年 6 月に購入した iMac。家庭内で、ウェブ閲覧、基本的なウェブ デザイン、一般的なゲーム、簡単な事務業務などの用途に使用されいました。

結果:使用を開始してわずか数週間で iMac は 210 MB を超える不要ファイルと、家族全員が記憶すらしていなかった 1,200 MB もの重複ファイルを収集しており、これらのファイルをクリーンアップしました。これは写真を何百枚も保存できるほどのスペースです。

1.3 GB
分のファイルをクリーンアップ
1410

今回は使用頻度の高い MacBook Pro Retina 15 インチと新しい iMac 27 インチで Mac 用 AVG クリーナーのテストを行いました。 すべてのテスト、手順やシステム最適化の方法を確認するには、 こちらでホワイトペーパーをお読みください。

Mac 用 AVG クリーナーの製品アイコン

Mac® 用 AVG クリーナー™

隠れた不要データをクリーンアップ

どのようなデバイスをお使いでも、保護は AVG にお任せください

PC の機能アイコン
ノート PC の機能アイコン
スマートフォンの機能アイコン
Chrome browser logo

AVG は 無料の Chrome™ インターネット ブラウザーを使用することをおすすめします。

コンテンツに移動 メニューに移動