AVG アンチトラック

ウェブの閲覧中、企業はデジタル フットプリントを使ってユーザー行動を追跡します。
AVG はこの追跡をブロックし、ユーザーに真のプライバシーを提供します。

4,180円 / 年

オンラインでの追跡に関する真実:
  • 70%

    訪問者を追跡しているウェブサイトの割合

  • 1,000 社以上

    ユーザーのオンライン行動を監視して収益を得ている企業の数

  • 3,000 件

    ユーザーが知らぬ間にオンラインに存在している個人情報の件数

  • 99%

    ユーザーを把握できる精度

相手が知る情報を知っておきましょう

アンチトラックはユーザーがアクセスした瞬間に、サイトが知るユーザー情報をユーザーに知らせます(当社はそのような情報を保存しないためご安心を)。

トラッカーはユーザーがクリックするたびにユーザー情報を得ています

ユーザーが閲覧すればするほど、デジタル指紋には多くの情報が追加され、指紋に付帯する情報量や正確さはより増していきます。これによりウェブサイトは、ユーザーがログインしているかどうかにかかわらず、その人が誰であるかを 99% 確定できます。

ウェブサイトが把握している情報:
  • 銀行取引データ
  • ブラウザー設定
  • デバイス設定
  • 医療情報
  • ウェブ閲覧履歴
  • クレジット スコア
  • 家族情報
  • ...その他いろいろ

AVG アンチトラックはシンプルなアプリ 1 つで広告主をブロックします

ワンクリックで追跡を停止

AVG アンチトラックは、ユーザーを追跡しようとしている第三者の存在を検出するとすぐに相手をブロックするか、偽の指紋を作って相手を混乱させます。

偽のデジタル指紋で広告主をけむに巻く

広告主は、ユーザーが閲覧したときにその点をつなぐことでポートフォリオを構築できます。AVG アンチトラックはこのしくみを利用し、広告主に誤った点をつなぐよう仕向けます。

必要以上の費用は払わない

顧客に支払う意思があると小売店が判断すると、オンライン価格が値上げされる場合があります。AVG アンチトラックは、小売店がユーザーのショッピング行動の傾向を推測し続けるようにします。

現行犯で捕まらないようにする

AVG アンチトラックはトラッキング Cookie と閲覧履歴も削除するため、コンピューターを共有している場合でも他の人にオンライン行動を把握されません。

個人データが収集されることで起こる問題

広告主や店舗による
請求額が増える

広告主やオンライン小売店は利用者の情報をすべて把握すると、利用者にとって魅力的であると思われるサービスを提供するよう価格を調整します。ユニークなショッピング体験も悪くはありませんが、広告主や小売店に利用者が支払う意思があると判断され、価格が値上げされるとなれば話は別です。

データ マイナーは
個人情報を販売する

データは新たな金塊といえますが、採掘するのは金塊より簡単です。ユーザーのデータを集める人は大金を稼ぐため、ユーザーの同意なしにデータを販売します。プライバシーの販売だけにとどまらず、ユーザーの個人情報を漏洩させる可能性もあります。

閲覧を邪魔する広告は
ユーザーの楽しみも妨げる

インターネットで何か購入するとき、あちこちに広告が表示された経験はありませんか。偶然に表示されているのではありません。このようなカスタマイズ可能な広告のおかげで、名探偵に頼まなくてもユーザーのオンライン行動を正確に把握できます。

トラッキング対策ツールはどれも同じではありません

他より優れたツールもあります。このようなツールは組み合わせて使うこともできます。アンチトラックと質のよい VPN(当社製のような)を組み合わせることをおすすめします。

VPN アンチトラック 匿名/
プライベート モード
広告ブロッカー
IP アドレスを隠す
当社 製品
ユーザーの本当の位置情報を隠す
当社 製品
公衆 Wi-Fi でのぞき魔をブロックする
ブロックと検閲を回避する
ターゲット広告をブロックする *
PC からトラッキング Cookie を消去する *
ウェブ上にトラックを残しているかどうかを教える
ユーザー情報が流れないよう「指紋」をブロックする
ユーザーを追跡しようとしている相手を知らせる

* 新しいページを訪問するたびに、匿名セッションを慎重に開いたり閉じたりする場合に限ります。

AVG アンチトラック

今すぐ購入 

AVG アンチトラック:プライバシーを取り戻す簡単な方法

4,180円 / 年

システム要件

Windows 10、8.1、8、7、Vista512 MB の RAM、100 MB の空き容量Chrome、Firefox、Internet Explorer、Microsoft Edge ブラウザー

コンテンツに移動 メニューに移動